So-net無料ブログ作成

スチュアート・ニール、ハイCの着地に失敗しました! "Di quella pira l'orrendo foco" [テノールの高音]

verdi09.jpg ジュセッペ・ヴェルディは1813年10月10日に生まれました。
 Googleイタリアでは、ヴェルディの生誕を記念して左のようなしゃれた絵文字になっています。
(2009.10.10追記)
以下2009.10.9の記事
 昨年のミラノ・スカラ座開幕公演《ドン・カルロ》のテノール首事件で一躍時の人となったアメリカ人テノールのスチュアート・ニール(Stuart Neill -44才)、9月にはスカラ座来日公演でもドン・カルロを歌ってますから、日本でも、ちょっとは名が売れているのではないかと思います。
 テノール不足なのか相変わらずイタリアで活躍しているようで、フィレンツェで《トロヴァトーレ》に出演。マンリーコのあの有名なカヴァレッタ、『母さ〜ん 助けに行くから待ってろよ〜 "Di quella pira l'orrendo foco" 見よ、恐ろしい炎を"』 の最後のアラーールミ!のハイCの着地に失敗....これがたまたま中継放送されました。劇場ではこういう失敗は、日常茶飯事だと思いますが、放送されるのはなかなかないと思います。舞台では、ボエームの"Che gelida manina" 同様、半音下げが当たり前になっていますので、移調しないで歌っているのも貴重といえます。しかも、ニールは、余程自信があったのか、完全版の繰り返しヴァージョンで歌っています。それで結局はスタミナ切れで、最後でつぶれちゃった....というわけです。自分を過信しすぎたということでしょうか.....失敗しましたが、観客は同情の拍手でこたえています。

★メーデー!メーデー!コントロール不能!頑張れ! あぁ〜墜落....

続きを読む